本文へスキップ

泉種別検索The kind of hot spring

 温泉にも色々な特徴があり、環境省自然環境局「鉱泉分析法指針(改定)」によってしっかりと種類が分かれています。評価している温泉を種類別にしてありますので、「この泉質がいいな」と思ったらその仲間を探してみてくださいね。

 また環境省の指針には一致しないが、温泉法の基準は一致する温泉というものも存在します。これらの温泉はこの評価帳では便宜上「温泉法第2条適合泉」と表現しております。

 さらに「含○○」と特殊成分が記載されている温泉は、その特殊成分に一致する泉質に分類していますのでご承知おきください。特殊成分が2種類以上で適合する場合は「鉱泉分析法指針(改定)」の指定で、下記の順位で分類しています。

1位. 水素イオン :(酸性)
2位. 総硫黄 :(含硫黄)
3位. 遊離二酸化炭素 :(含二酸化炭素)
4位. ラドン :(含放射能)
5位. 総鉄イオン(Fe2++Fe3+) :(含鉄)
6位. よう化物イオン :(含よう素)

例)草津温泉(湯畑源泉)は酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉ですので、酸性で1位の順位が適用となります。よって分類は酸性泉に区分されます。

 なお平成26年7月の鉱泉分析法指針の改訂で「含アルミニウム泉」と「含銅泉」が療養泉から外されてしまいました。該当温泉は平成26年以降の温泉分析では泉質名が変わっていますので注意が必要です。(旧分析では鉄泉に該当しますので、該当温泉は鉄泉よりご覧ください)



● 単純泉

● 塩化物泉

● 炭酸水素塩泉

● 硫酸塩泉

● 二酸化炭素泉(含二酸化炭素を含む)

● 鉄泉(含鉄・旧含アルミニウム泉・旧含銅泉を含む)

● 硫黄泉(含硫黄を含む)

● 放射能泉(含放射能を含む)

● 酸性泉

● 含よう素泉

● 温泉法第2条適合泉
※療養泉ではありません。


●日本の法律対象外●
バース 【ローマ浴場(遺跡)】(UK)



【ちょっと説明】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 療養泉の泉質分類表示:○○ー△△ー□□温泉(冷鉱泉)

○○は指定量以上含まれる特殊成分を「含○○」と表記します。ここでの特殊成分は次の物質です。
水素イオン(酸性と表記)・二酸化炭素・鉄・総硫黄・ラドン(放射能と表記)・よう素
なお水素イオンが含まれる場合、一番初めに「酸性ー」が表示されるよう定められています。
 (※)アルカリ性の場合、pH8.5以上の単純泉のみ「アルカリ性単純泉」と表記することになっています。
 (※)このHPではそれ以外にもpHの値によって弱アルカリ性・中性・弱酸性を表示しています。
    酸 性     pH 3 未満
    弱酸性     pH 3 以上 6 未満
    中 性     pH 6 以上 7.5 未満
    弱アルカリ性  pH 7.5 以上 8.5 未満
    アルカリ性   pH 8.5 以上

△△は陽イオンの成分を表記します。ミリバル(mval)が20以上の成分で、多い順に列記します。もちろん20以下であれば表記はありません。(例)鉄ー炭酸水素塩泉 や 硫酸塩泉 等

□□は陰イオンの成分を表記します。ミリバル(mval)の規定は強塩化物泉のみ240以上・その他20以上と規定されており、塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩の3つの成分で、多い順に列記します。
 
最後に水温が25度以上か未満で「温泉」と「冷鉱泉」に区別されます。温泉ではさらに下記の分類に分けられますが、加温や冷却によって湯船では40度前後に調整されますので、この評価帳では源泉湯温のみの表示させていただきます。
  低温泉 25 ℃以上 34 ℃未満
   温泉 34 ℃以上 42 ℃未満
  高温泉 42 ℃以上

鉱泉分析表指針では成分が不足して療養泉にはならなくとも、基準が低い温泉法第2条で成分が基準以上を有し「鉱泉」と定義されたものは常水と区別することになっています。

また上記にはありませんが、温泉・鉱泉の成分量によって下記の分類が表示されます。

低張性・・・ 8,000mg/kg未満(ガス性成分を除く)
等張性・・・ 8,000mg/kg以上10,000mg/kg未満(ガス性成分を除く)
高張性・・・10,000mg/kg以上(ガス性成分を除く)

簡単且つ雑に説明してしまえば浸透圧が体液や細胞液の浸透圧と同じであることが等張性なので、温泉成分を体内に取り込みにくい低張性・取り込みやすい高張性と判断することが出来ます。

詳しく知りたい方は鉱泉分析法指針(改定)を検索してみましょう。

含銅泉

含アルミニウム泉

inserted by FC2 system